初めてでも簡単に理解できる!サプリメントOEMの豆知識やメーカーの取組みを紹介

このサイトは初めてでも簡単に理解できる、サプリメントOEMの豆知識やメーカーの取組みを紹介しています。
新たにオリジナルサプリ販売を行いたいと考える人にお勧めです。
信頼のおける栄養補助食品の製造を受託するメーカーの見極め方も解説しています。
どのメーカーに依頼すれば良いか分からない場合に参考になります。
また安全性の高いサプリを製造受託しているメーカーの特徴も紹介しています。

初めてでも簡単に理解できる!サプリメントOEMの豆知識やメーカーの取組みを紹介

これまで行っていなったサプリメントの販売に参入するため、OEMの利用を検討している人もいるのではないでしょうか。
サプリメントのOEMは、パッケージのデザインに関しても相談もできることは豆知識です。
そのため内容だけでなく、人を惹きつける魅力的な外観のサプリメントを作ることが出来る可能性があります。
また一般には分かりにくい表示事項のアドバイスも受けることができることもあり、そういったメーカーは安心感があります。

サプリメントOEMとは美容や健康サプリを受託製造すること

日本でサプリメントは一般的に普及し出したのは、2000年以降からです。
最初はビタミンやカルシウムを補う健康補助食品という位置づけでしたが、今ではエイジングケアから持病の改善を図れる多機能なものが主流となりました。
大手メーカーからさまざまなものが販売をされていますが、その大半がOEMサービスを活用されているのが特徴です。
簡単にOEMについて、ここで述べていきましょう。
サプリメントの場合、主要成分を販売元であるメーカーが確保して、それを委託製造会社に提供をされます。
この委託会社が生産元となり、専用の工場ラインを活用してサプリメントの製造を実施するわけです。
販売元にとってのメリットはコストの削減と生産ロット数の調整ができる点になります。
自社工場を有すると非常にコストが掛かってしまい、生産数も大幅に増加をします。
その点、委託会社に依頼をすれば最小限の費用で自社製品を生み出せるのが魅力になるわけです。

サプリメントOEMで大事なのは保健機能食品制度をよく理解したうえで発注する事

特定健康補助食品というものをご存じでしょうか。
日本では1998年に厚生労働省によって制定をされた新しい食品のことを指しており、お茶やヨーグルトなど多品目に分類をされています。
昨今幅広い世代で活用をされているサプリメントも、この特定健康補助食品に含まれるものです。
今では数多くのメーカーがサプリメントの販売に乗り出されていますが、必ず厚労省の指針に沿った成分を含ませないといけません。
また生産時は基本的にOEMを利用しますが、その際も制度をよく理解したうえで発注をしましょう。
初めてOEMでサプリを生み出される場合、まずはどのような効果を得られるサプリメントなのかを明確にしないといけません。
ビタミンやミネラルなどの主要栄養素を補うものであれば、1類となり、アンチエイジングと健康増進なら2類に区分されるわけです。
理解を深めるには、毎年厚労省から発行されている健康白書を参考にすれば、細かい区分を知ることもできます。

サプリメントOEMでの起業は健康ブームや高齢化社会の中で非常に可能性のあるビジネス!

昨今の日本では、65歳以上の高齢者数が人口の約70パーセントを占めるようになりました。
政府では超高齢化社会の到来を宣言されており、今後も増加傾向にあるわけです。
高齢者といっても現在では自身で健康管理をする方が多く、サプリメントを服用して必要な栄養素を十分に摂取されている方も大勢いらっしゃいます。
サプリメントの市場規模は2000年以降急成長を遂げており、今後も需要がある業界といえます。
これから起業をしようとお考えの方がいたら、サプリメントを取り扱うビジネスをおすすめします。
その際に役立つのがOEMであり、自身で生産工場を用意しなくてもオリジナルのサプリメントの販売を実現することが可能です。
OEMとは委託製造の意味を持つサービスで、以前はドリンクや食品で実施をされてきました。
サプリも健康補助食品であるため、委託製造に対応をしています。
主原料から主要成分の調達も依頼でき、素早く製品の確保ができます。

サプリメントOEMでの起業は顧客やリピーターが付きやすく利益を出しやすいのも魅力

2019年以降、国内で働き方改革法案が施行され、誰でも副業を開始できる環境が整いました。
今では副業というスタイルで起業する方も増加しており、ネット通販を活用したショップサイトを運営する方も多いほどです。
新しく起業をしようと考えている場合、非常に高い需要を見込めるアイテムの販売をおすすめします。
そのアイテムとはサプリメントであり、今後も急成長が見込める業界です。
サプリメントの良さは、全国各地に点在しているOEM受託メーカーを活用できる点でしょう。
大手企業から販売されているサプリメントでも、大半が受託サービスを利用されています。
OEMを活用するメリットは、低コストで利益を出しやすく、高い信頼のもとでリピーターが付きやすいという点です。
品質管理をしっかりとされており、製品アイデア主原材料の選定とパッケージデザインを考案するだけで、すぐに販売したいサプリメント製品生産できるのも魅力となっています。

消費者に親身なサプリメントOEM受託メーカーの取組み1様々な形状で飲みやすさを追求

誰でも、一度はサプリメントというアイテムの名前を聞いたことがあるでしょう。
健康補助食品と呼ばれるものであり、われわれが生きるうえで必要となる栄養素を凝縮した食品です。
おもにビタミンやミネラル・カルシウムを含んだもので、昨今では健康増進からエイジングケアに役立つ成分を含んだものも存在しています。
国内で普及しているサプリメントの大半が、大手メーカーから委託をされているOEM専門メーカーによって生産をされているものです。
ここでは簡単に、OEM受託メーカーの専門性を象徴した取り組みについて述べていきましょう。
サプリメントと一言にいっても、色んな製品で構成をされています。
服用してから体内に吸収されるためには、形状・素材に変化を持たせるのもポイントです。
受託メーカーでは消費者にとって安心・安全なスタイルで飲める形状の追求をされているところが多く、素材も独自製法で生み出したカプセルを利用するケースもあります。

消費者に親身なサプリメントOEM受託メーカーの取組み2国産などオーガニックな原材料

サプリメントというと、多くの方が健康増進に役立つものだとご存じでしょう。
厚労省が調査を実施したところ、全国民の約70パーセントもの方が何かしらのサプリメントを服用されていることが明らかとなりました。
ビタミンやカルシウムといった必須栄養素を好まれる方が多く、幅広い年代で活用されています。
このサプリは国内で流通をしているもののほとんどが、OEM受託メーカーが製造を担当されているのが特徴です。
ここでは簡単に、OEM受託メーカーが実施をしている取り組みについて見ていくことにしましょう。
その取り組みのひとつが、国産素材でなおかつオーガニックな原材料を調達されている点です。
契約農家を持つ会社も多く、委託を受けているサプリメントに活用されるのが特徴となります。
サプリメントを生産するうえで、消費者にとって安心・安全な製品を届けることを大切にされており、信頼できる環境下を用意してさまざまなサプリを市場に投入をされているわけです。

消費者に親身なサプリメントOEM受託メーカーの取組み3よく持つ由来のカプセル皮膜

日本で今現在、約2000種類以上ものサプリメントが販売をされています。
健康補助食品という位置づけになっており、コンビニやドラッグストア、さらにはネット通販でも購入することができます。
これらのサプリメントを一度は服用したことがあるという方も大勢いるでしょうが、大半の商品が1年以上もの長期保存を実現できるものとなっています。
サプリメントはカプセルに入っているものほど、長期保存を実現することが可能です。
これはOEM会社でも、長年カプセル皮膜の研究開発をしているからこそ実現できています。
消費者にとっては長期間の保存は願ったりなことでしょう。
たとえば、室内の常温になる場所にサプリを置いていても品質の劣化を防げる皮膜も存在します。
OEMでは長く持つように乳化をさけられるものを開発されており、現在では大半のサプリメントに採用をされているほどです。
今後も開発研究をすすめて、消費者に親身になったサービスをします。

消費者に親身なサプリメントOEM受託メーカーの取組み④成分表示等読みやすいパッケージ

OEMというと、リーズナブルな価格で優れた商品を手に入れたい人の間で人気がありますがサプリメントの分野でもその取り組みが行われています。
消費者からしても、例えば成分表示が読みやすいパッケージになっていて成分的にも申し分がないのに価格が安いものならありがたいですしメーカーでも工場を持たずに委託生産ができるメリットは大きいです。
サプリメントというと、どのような作用があるのかや含まれている成分が分かりにくいものが多いですがOEM受託メーカーの取り組みとして成分表示などが読みやすいパッケージにされていると使う側にとってもありがたいです。
似たような商品が多い中で、差別化をするなら包装や表示などにも工夫をするのがポイントです。
サプリメントは、健康や美容を管理するのに欠かせない時代になってきています。
リーズナブルな価格で購入できるものがドラッグストアで販売されていますが、人目を引き手に取り易い商品は特に人気です。

消費者に親身なサプリメントOEM受託メーカーの取組み⑤衛生管理や清掃を徹底

今では幼いお子さんから高齢者に至るまで、健康増進という観点から何かしらのサプリメントを服用される方が多くなりました。
ミネラルやビタミンを食べ物から摂取するには、非常に多くの品目の料理を食べないといけません。
その点サプリであれば、1日に必要な栄養素を効率よく吸収できるのが魅力といえるでしょう。
大手メーカーから色んなサプリメントが販売されていますが、そのほとんどがOEMによって生産をされているものです。
受託サービスとも呼ばれるOEMのメリットは、徹底した品質管理とオリジナリティーを活かした主原材料でサプリを生産できる点です。
受託メーカー側の取り組みをここでピックアップすると、衛生管理と清掃も念入りに行っていることにあります。
メーカー側では厚労省の認可を得ることが業務の必須条件となっているため、品質管理項目のなかの大半を占めている製造工場ラインの清掃は毎日時間をかけて行われているのがポイントです。

サプリメントのOEMは小ロットでも可能です

サプリメントを作りたい時、OEMを得意とする会社に依頼すると小ロットでも対応可能なケースがあります。
サンプルを作ってくれたりと、オプションが豊富なところに依頼するとメリットは大きいです。
サプリメントといっても、いろいろなブランドがありますが健康や美容のために服用している人は多く今後も成長が見込めると考えられています。
サプリメントをOEMで作るメリットは多いですが、ノウハウのある企業に依頼することでスピーディーにつくる事が出来る点が大きいです。
一から自社で作る場合に比べると、これまでに培ってきた知識や経験があることやそれを作る事が出来る設備が整っています。
自社ですべてを用意する場合に比べると、こうしたサービスを利用することでスピーディーに製品化することが可能です。
大ロットでできる業者は多いですが、小ロットでも対応しているところなら少ない資金でも始められますし納期の相談にも乗ってもらえるので便利です。

サプリメントのOEMは個人でも依頼できる

健康食品の需要が増している現在では、ビジネスチャンスを掴むために個人がサプリメントを販売している例も珍しくありません。
原料や資材の調達まで含めて全てOEMで依頼できるので、専門的な知識がなくても販売を開始できます。
特定の栄養素を組み合わせたサプリメントを求めているのに、市販されているもので理想的な栄養バランスの製品が見つからない時にも便利なサービスです。
小ロットでの発注を受け付けているサービスも増えており、企業でなくても気軽に発注できます。
ストレスを緩和することで睡眠の質を改善する製品や、ホルモンバランスを整えることで生理周期を改善する製品など、希望に合うものを作れるようにメーカーがサポートしてくれます。
サプリメントの栄養バランスだけでなく、パッケージのデザインなども含めて製造を支援してもらえるのも魅力です。
カプセルはソフトタイプとハードタイプから選べて、含まれている栄養素に合わせてカプセルの種類を変更できます。

OEMを利用してサプリメントのビジネスを始める

サプリメントでビジネスを始めたいと考えた時には、OEMを利用してみるとよいです。通常だと、サプリメントを作るためには様々な手間がかかってきます。
原材料を調達したり材料を調合したりと様々な手間がかかってしまうでしょう。この作業を自分たちで行うのは大変になってきます。
OEMを利用した場合、すべての作業を専門の業者に依頼することができるのでとても楽です。
専門の業者に依頼すれば、原材料の調達も行ってもらうことができますし、調合まで行ってもらえるようになってきます。
どのような材料を調達していいかわからないときにも、相談することで悩みに対応してもらえるようになるので安心です。
ビジネスを始めるときには積極的に利用してみるとよいでしょう。相談すれば高品質なサプリメントを安く作ることができるので、ビジネスにつなげたいと考えている人もその希望を叶えることができます。
サプリメントを作りたいと考えている人は利用してみるとよいです。

サプリメントの開発や製造ノウハウがなくてもOEMを活用すれば作れる

サプリメントのOEMは、自社で開発するよりも作りやすいのがメリットです。小ロットにも対応している会社であれば、個人でも依頼することが出来ます。
OEMでのサプリメント生産を請け負っている会社は大規模な設備や研究施設を保有していますが、それらを持っていない者であってもそれを活用して作ることができます。
そして、多くの会社が開発段階からパッケージング、発送までワンストップで対応しており、多くのことを任せられるのも特徴です。
希望を形にする段階では様々な悩みも生じますが、それを解決する方法の提案や相談などもやっています。
一見するとオリジナルで作ることは困難であるというイメージがありますが、こうした会社を使えば参入しやすいので、いきなり自社で作るノウハウや資金が十分にないと言うなら活用すると良いでしょう。
全国にある様々な会社がこの業務を行っているので、近場で選んだり、実績が十分であったりといった条件で決めると良いです。

OEMでサプリメントを製造するときの料金

サプリメントをOEMで製造してもらう場合、料金について注意する必要があります。料金が高いサプリメントのOEM製造会社を選んでしまうと、コストがかかりすぎて、たくさんの数を売り上げないと費用を回収できない恐れがあるからです。
そのため、いきなり一番最初に見つけた会社に製造を依頼するのではなく、できるだけ複数の会社に見積もりをお願いして費用を比較するようにしましょう。
サプリメントの製造を依頼する場合、費用を左右する要因の1つに、最低発注数量があります。
これは、製造会社があらかじめ設定しているもので、一般的には数百から数千個となっています。
他の製造ラインと同じロット数と考えれば良く、発注数が少なければ少ないほど単価が高くなってしまうと考えれば良いでしょう。
なので、コストを抑えるには、いちどに発注する数量をできるだけ多くするのがコツです。
また、製品の種類によっても異なります。複数の栄養成分を含んだ商品は、工程がかかっているため、価格も高くなるのが一般的です。

サプリメントに関する情報サイト
サプリメントOEMの豆知識

このサイトは初めてでも簡単に理解できる、サプリメントOEMの豆知識やメーカーの取組みを紹介しています。新たにオリジナルサプリ販売を行いたいと考える人にお勧めです。信頼のおける栄養補助食品の製造を受託するメーカーの見極め方も解説しています。どのメーカーに依頼すれば良いか分からない場合に参考になります。また安全性の高いサプリを製造受託しているメーカーの特徴も紹介しています。

Search